[ワーホリ準備] 東京(有楽町)でパスポートの申請に行って来ました。証明写真は近くの機械を使おう!

ワーキングホリデービザを申請するために、パスポートの切替発給に行って来ました。

地方出身者が東京で申請してみましたよ。

今回行ったのは東京都旅券窓口 有楽町分室

ここは月・火・水のみ19時までやってるので仕事終わりにも行けて便利です。

オーストラリアのワーホリで必要なパスポートの条件

ビザはパスポートの旅券番号と結び付けられています。

ワーキングホリデービザを申請してからパスポートの更新を行うことも可能です。

でも現地に行ってから申請するのは面倒ですよね。

パスポートはビザ申請前に更新していくことをオススメします。

切替発給 (すでにパスポートを所有しており、有効期限を更新すること)は残存有効期間が1年未満でできます。

 

いよいよ申請するよ

切替発給に必要なもの

  1. 一般旅券発給申請書(10年用又は5年用) 1通
  2. 住民票の写し 1通
  3. 写真(縦45ミリメートル×横35ミリメートル) 1葉
  4. 有効旅券 (古いパスポート)
  5. 申請料金 (切替の場合16,000円)

一般旅券発給申請書

旅券窓口に着くと、記入机が置いてあります。

そこに5年用と10年用の申請用紙がありますので、必要な方を記入します。

転勤族あるあるですが本籍がどこか、両親に確認しておきましょう…!

私は本籍がどの町がわからなくなってしまい、その旨を窓口の人に伝えたところ
“都道府県さえわかれば良い”との許しをもらえました。

そんな感じでいいんですね。

また、貼り付ける写真の裏に名前を書いておくのも忘れずに。

 

住民票の写し

場合によっては必要ありません。詳しくはこちら

 

写真

旅券窓口に向かう通路でおばさんが証明写真

手を挙げて誘導してくるので、ついついそこで撮ろうとしてしますが、金額がバカ高いんですよね。

確か2000円近くかかります。

有楽町の東京メトロの地下、改札階に、800円ほどの証明写真の機械があります。

みんな同じことを考えるので混んでいる可能性もありますが、トライしてみてください。

もしくは別の場所で撮ってから向かいましょう!

 

有効旅券

古いパスポートのことです。

一旦預かられて表紙に小さな穴を開けられて返ってきます。

残存有効期間は切り捨てになります。

 

申請料金

手数料と収入印紙が必要です。

収入印紙は同じ階の別の窓口で買えます。

クレジットカードでの支払いは不可なので、現金を用意しておきましょう。

 

まとめ: これがワーホリの第一歩

有楽町でパスポートを申請した場合のヒントをご紹介しました。

1-2週間で受領できました。早い。

それでは次はいよいよビザの申請ですね。