[ワーホリ実体験]日本出国時に空港でするべきこと、入国時に必要な物は何?私の経験を時系列でご紹介します!

皆さんこんにちは、オーストラリアにワーキングホリデー中のsayuです!

ついにオーストラリアに向けて出発となりました。
今までいろいろと準備はしてきましたが、
当日は一体何をするべきか!?
私がした実際の流れを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク



 

空港→日本出国まで

成田空港にてiPhoneの一時休止を行う

フライトは夜の20:25 JET STARにてGold coast経由Melbourne行きでした。
iPhoneは本体料金が残っていたので解約はするつもりはありませんでしたが、
安くできる方法を知る為に早めに空港入りしました。

14:30 空港入り
au shop手続き開始 (ターミナル2 3F ユニクロ横)
16:00 iPhone一時休止完了

2015年に発売したiPhone6sはSIMフリーなのでauにて
①SIMの解除
②一時休止の手続き
を行いました。

上記の詳しい内容は別記事に書きましたのでこちらどうぞ。

関連記事:日本の携帯は休止と解約どちらが良い?海外で携帯・スマホを使うにはどうする?

 

夜の出発に向けて待つ

なんてったって出発は夜ですからね。。。
買い物したりhuluで映画見たりして時間を潰しました。

17:25 受託手荷物手続き開始

JET STARの受託手荷物手続きの開始は基本3時間前からですが、
着いたときにはすっかり並んでました。
受託手荷物の詳細は公式HPをチェック

機内で本を読む為にAmazonのKindle Ultimateを契約しました。
30日間無料な上、海外でも読めるので空港のwifiでダウンロード。
ちなみにHuluは海外対応していないので解約手続きをこの時に行いました。

 

いよいよ出国!

19:00 手荷物検査, 出国審査

人も少なく出国は驚くほど一瞬でした。
持ち込み荷物は一人2点、7kgまでですが、
実際に重さを計られることはあまりありません。
海外線は開封済み未開封に関わらず飲み物の持ち込みが一切禁止なので、
飲み物は搭乗口に着いてから買いましょう!

20:00 搭乗開始

いよいよ機内に搭乗!
スチュワーデスさん、機長さんは日本人も居て、あまり海外に行く実感はありません。
3列シートが貸し切り状態だったので、横になって寝てました…ZZZ

 

オーストラリア入国からバッパーまで

ついに入国!


6:10 (現地時間) Gold coast 着
6:25 入国審査

税関が厳しいと聞いていたのでビクビクしていましたが、
荷物チェックはありませんでした。
ステロイドを含む塗り薬を持っていたので
申告用紙のステロイド持ち込みにYESをチェックしましたが、
[What’s this?] [Medicine only for myself]
で終わり。実物を見せることもありませんでした。

6:45 国内線搭乗手続き

LCCの厄介な所ですが、一度受託荷物を受け取り、
国内線の搭乗手続きをしなきゃいけませんでした。
到着口のすぐ近くに手荷物検査場があったので、
乗り換えを失敗する心配はありません。

ココで日本人が居たので自然と話しました。
Melbourneでのワーホリ経験者だそうで、色々お伺いしました。

8:40 Melbourne行きの飛行機出発

機内で驚いたのは募金の呼びかけがあったことですね。
スチュワーデスさんが袋を持って周り、お客さんが小銭を入れてました。
私はまだドルを一円も持っていなかったので出来ませんでした。

11:05 Melbourne, Tullamarine air port 着

とりあえず2万円ほどは空港で両替する予定で両替所を探しましたが見当たらず…
聞いたところTerminal 4に降り立つが、両替所はTerminal 2にあるとのこと。
両替所の真横にオーストラリアの携帯会社Optusがあったので、
一気にココでSIMの購入も済ませました。

 

関連記事:日本の携帯は休止と解約どちらが良い?海外で携帯・スマホを使うにはどうする?

 

バスで街に向かうよ!

空港からはSKY BUSというバスが出ていました。
$19を乗り場のすぐ横にあるチケットブースで支払います。
バスは2階建てで1階にスーツケースを置くスペースがあります。
すでにいっぱいで係の人に[上にのっけなよ!]と言われましたが、
自分でのせなきゃいけない…20kgもあるスーツケース持ち上げられん…
日本なら置いとけばバスの下のスペースに入れてくれるのに〜っ感じでした。
結果、見かねた人が助けてくれました…
空港からcity(中心街)まではおおよそ1時間ほどです。

 

Cityにてmykiをゲット

メルボルンの主要な移動方法は路面電車であるトラム、バス、Trainの3つがあります。
この全てに使えるSUICAの用な役割をするカードはmykiと呼ばれています。
発行するのに$6がかかり、駅やコンビニで購入可能です。
mykiを手に入れたらトラムにて本日泊まるバックパッカーへ向かいます。

 

バックパッカーに到着!

お疲れ様でした!
長い旅路の末、やっとこさバックパッカーに到着しました。
今回泊まったのはcityにあるSPACE HOTELです。

 

まとめ

この2日間でやっておくべきことは、
①日本の携帯を解約・休止する
②無事に入国する
③オーストラリアで有効なSIMを手に入れる
④mykiを手に入れる

どれも意外とあっけなく済むので安心してください★
わからなければ周りの人がきっと助けてくれます。
そんなランダムな出会いが、旅の楽しみですよね。

それではまた:)