オーストラリアの大手銀行の一つ、nabで口座を開設してきました。口座開設の流れと金利が高くなる賢い貯金方法をご紹介します。

皆さんこんにちは!

メルボルンでワーホリ中のsayuです。

今日は銀行口座を開設してきました。
オーストラリアで有名な銀行は
  1. Commonwealth
  2. National Australia Bank (nab)
  3. Westpac
  4. ANZ
の4つです。事前のネットリサーチによると、
皆さんCommonwealthとnabの2択に絞られるようですね。
理由はどちらも口座維持費とATM引き出し手数料が無料だから!

 

Commonwealthの方がATM数が多く、
メジャーらしいのでそっちにしようかなとも思ったんですが、
日本でお金をおろした場合(まぁないかなーと思うんですが…)、
手数料がnabの方が安かったので、私もnab派になってみることにしました。

スポンサーリンク



 

実際にお店に足を運ぶ

受付に行って [I’d like to open a saving account]と伝えると、
パスポートとワーホリVISAの証明の提出を求められます。
私が行った銀行は一人一人個室みたいな部屋が与えられており、
アドバイザーと落ち着いて話すことが出来ました。

応してくれた方が中国人女性だったので、
とても話しやすかったです。

軽く身の上話をした所から本題に…

すると!なかなかのお得情報を教えてくれましたよ。

 

維持費のかからない口座を3つ作ることが出来る。

  1. Classic banking
  2. iSaver
  3. Reward saver
聞いた時は何言ってんだ状態でしたね。
何の為に?ってのが素直な感想でした。
でも聞いた後は納得、面白いな〜と思ったのでshareしますね。
それでは詳しくご説明していきましょう。

 

1. Classic banking

nab banking card
いわゆる普通の口座です。
毎日使う為にATMでお金を入れたりおろしたりする為のものです。
日本で言うキャッシュカードのことをBanking Cardといい、それにはDebit cardの機能もついています。で、そのDebitを使ったときにお金が引かれていく口座がココ。このDebit Card は海外でもVISAのついている所で使えるので、日本への一時帰国の際にも便利ですね。
ちなみにオーストラリアではpayWaveという機能もこのBanking cardについていることが多いです。payWaveはカードを機械に差し込むのではなく、SUICAのようにタッチするだけで決済できるというものです。
口座維持費無料★ATMでの引き出し手数料も無料★金利は0.01%★
Classicの公式HPはこちら

 

2. iSaver

これはインターネットバンキングのことですね。
日本でも使用している人はイメージしやすいと思いますが、
わざわざ支店に足を運ばなくても家やカフェで口座から口座への振込手続きが出来るというものです。これから出てくる3つ目の口座へのお金の移動も、これを使って行います。PCでアクセスすることも出来ますが、スマートフォンでアプリをダウンロードするといつでも3つの口座残高を確認できます。
口座維持費無料★手数料無料★金利は最初の4ヶ月が2%、その後1.3%★
iSaverの公式HPはこちら

 

3. Reward saver

これは積み立てのようなものです。毎月一定額を自動的に預金する、と言う訳ではなく、自分の好きな額を貯めていく貯金用の口座というイメージです。1番の特徴はその高い金利です。基本金利は0.05%で、ひと月Rewardの口座からお金を引き出さなければ、金利は2.95%まで上がります。金利は日ごとに計算され、月ごとのお支払いとなります。万が一お金を引き出してしまっても、0.05%の基本金利はつきます。この口座にはiSaverを利用してお金を移動し、どんどんお金を貯めていきましょう。
口座維持費無料★手数料無料★金利は基本が0.05%、引き出さなければ2.95%★
Reward saverの公式HPはこちら

 

まとめ

上記の3つの口座を上手に使って、賢くお金貯めちゃいましょう!日本の銀行だとほとんど金利がつかないので、すっかり金利の概念なんて忘れていましたが、そういえば銀行にお金を預けるメリットってそこもですよね〜!

ちなみに日本の普通預金の金利はこちらを参考にしました。
銀行は皆さんも書いている通り、すごく優しい方ばかりでしたし、中国人が多く働いているので英語も聞き取りやすいです。
ちなみに私はcityの中華街の近くにあるnabに行きました。
上記は全て、口座開設の際に説明してくれます。
全て維持費は無料なので、銀行員さんに任せてしまっても問題ないでしょう!

 

ご精読有り難うございました:)))