ワーホリに来て何かが変わったのか。丁度4ヶ月経った年の瀬に今までを振り返ってみる。


Notice: Undefined offset: 2 in /home/users/2/main.jp-378578dcbd9d8867/web/wp-content/themes/hummingbird_custom/functions.php on line 66

こんにちは!

オーストラリアに来て4ヶ月が経ちました。
ワーホリに行く前は
自分には海外に出るしか道はない
一刻も早く日本を出たい
ただそれだけの思いで渡豪したので、明確な目的がないワーホリ代表みたいな私です。

 

正社員を辞めて家を引き払って彼氏と別れてそれでも来た意味があったのか?
日本にいた頃より成長しているのか?
何が変わったのか?

2016年ももう終わるので、自分のこの4ヶ月を語ってみたいと思います。

スポンサーリンク



 

英語力とメンタルの面から

まずワーホリで英語力は伸びるのか?

よく英語力はワーホリに行っても変わらないと言いますよね。
私はオーストラリアに来る前からTOEICは900点は超えていて前職も国際営業だったので英語がゼロからの出発というわけではありませんでした。

今回は初めから英語力がある人はワーホリに行って伸びるのか?について書きます。

まず[英語力]には色んな要素が含まれていますが、一番伸びたと思うのは、
英語を話すことへの恐怖心です。今まで散々勉強して海外経験もあってまだ恐怖心とか言ってんのかよ!言ってますね、多分5年連続で住んでも、場面によっては緊張すると思います。でも例えばおしゃれカフェにメニューがなくて何を頼めばいいかわからないとき、服屋で自分のサイズの在庫を確認してほしいとき、いきなり道端で話しかけられたとき、みたいな想定外の事態が発生したときにも、わからなければ聞けるようにはなりました。ありがちな、わからないからとりあえず笑顔で乗り切る、Yesと言ってしまう、押し切られてしまう、みたいのがなくなるだけでも海外生活が楽になりました。

逆にじゃあ落ちたと思うのは、語彙力や文法の正確性です。
毎日ただ生きている中で、専門用語ってあまり出て来ることはありませんし、TOEFL ibtを本気で勉強していた頃や、英語でレポートや卒論を書いてた時期に比べたらどんどん忘れていってる感覚があります。会話の中では間違っていても意味さえ通じれば流れてしまいますので。。

これは海外に住む外国人全員に言えると思いますが、英語は自分で勉強しないと伸びない。です。会話の中で出て来た新しい単語を自分で書き留めたり、積極的に洋書を読んだり友達に訳し方を聞かない限り、無意識に英語が伸びることはないと痛感しています。じゃあ海外に出てるアドバンテージって何かなって思うと、やっぱり度胸だったり、話すスピード、あとは友人に聞きやすいとかだと思います。

自分が何のために英語を勉強しているのか、目的は何なのかを明確にすることが、[海外にいたのに全然英語が伸びてない!]と焦る自分と戦う方法だと感じます。

 

欲張らずに目的を定めて腹をくくるしかない。

何でワーホリに来たんだろう。
これはきっとずっと誰もが考える問題です。

私は最初、[英語力][経済力][今後の人生でやりたいこと]この辺がとりあえず渡豪すれば見えて来ると思っていました。でも上記の英語力と同じですが、何となくで成長するスピードより、これに関して知りたい、解決したい、と決めてから情報を集めていった方がガンガン進む方向が見えてきます。恐怖感はありますが、帰国後何をして生きて行くのか。これから先をどんな人生にしたいのか。何のために海外にいるのか。これは先延ばしにせずに向き合わなきゃいけない問題です。ずーっと考えていたら、結局ワーホリもずーっとダラダラ時間だけを潰しているものになってしまいます。

期間限定の海外生活にありがちですが、ついその期間が未来に繋がっていることを忘れてしまうんですよね。ワーホリが終わったら日本に帰って翻訳の仕事をする、英語教師になる、海外営業をする、海外に移住する、もう一度学校に戻る。とにかく終わったらどうするのか、早く決めて動いた結果、意味のあるワーホリになると思います。

 

でもやっぱり笑っていなくっちゃ

私にとってはワーホリという不安定な期間は、不安で、未来が怖いです。
でも一番忘れちゃいけないのはやっぱり幸せな気分でいること。

この4ヶ月間、自分が幸せな気分でいる時は何もしていなくても不思議と周りからジャンジャン連絡が来て、外に連れ出してもらえました。ニコニコしていれば誰かがプレゼントやコーヒーをくれたり、自分も何か相手に返したいという気持ちが自然に湧き上がって来ました。

逆に何もないのに気分が落ち込んで未来に対して悲観的でいると、家にこもりがちになって尚更誰とも会いたくなくなっていく、お金や未来のことばっかり気になって誰からも連絡も来ないなんて日々が続いたりもしました。

せっかく海外にいるんだから、おしゃれしていつも自分ではしないことをして、普段選ばないものを選んでお店の人のオススメを食べてみる。そうして幸せと発見を繰り返していくことが大切だなって思います。

 

まとめ

自然に上手くいくっていうのは、自分がどっちに進むかを決めてから見えてくるものなのかなって思います。やっぱり根本的な部分でこれからどこに進むのか、それを決めないと面白い映画を見ててもふと現実に連れ戻されるし、友達遊んで帰った部屋に虚しさを感じたりします。腹をくくって未来を見据え、今の行動に落としてく、その今を楽しむ。これが4ヶ月目のワーホリで感じているところです。

ご精読ありがとうございました:)