メルボルンの市街地で車が暴走

こんにちは!メルボルンでワーホリ中のsayuです。

2017年1月22日、私の今住んでいる街メルボルンで、
一台の車が市街地を暴走し、歩行者を殺傷するという事件がありました。

事件が起きた場所は街の中心。

1月16日から始まった全豪オープンテニスの影響もあり、
街には日本人を含む世界からの観光客が多くいました。

 

事件の概要

1月22日(金)の昼過ぎ、オーストラリア第二の都市であるメルボルンの中心地(CBD)にて男性が車を暴走させ、歩道を歩いていた人を次々にはねました。

6人の方が亡くなり、30人を超える人が怪我を負いました。
亡くなった方の中には10歳の少年、
生後3ヶ月の赤ちゃんや25歳の日本人男性もいました。

犯人の名はDimitrious Jimmy Gargasoulas 26歳。

過激派に関するテロではなく、長年、薬と精神的に問題があった男の単独犯行でした。

 

事件当時の犯人の足取りと状況

実はこの暴走を起こす数時間前、男性は自身の兄を刺し、車で逃亡。
そのままCBDへ向かい、メルボルンのシンボル、
フリンダース駅前にて暴走行為を繰り返します。

その後少し離れたBourke Streetに行き、歩道を走行しました。
事故が起きた歩道は車一台分ほどの幅しかありません。
ギリギリ逃げられた方はかろうじて近くのお店に逃げ込みました。

ファッションの中心部でもあり、H&MやZARAといったお店も近くに並んでいます。
事件が起きた直後は店員が歩行者をお店に呼び込み、シャッターを閉めました。
中では電話をしながら泣き出す方もいました。

犯人はその後警察の銃弾にて止められ、病院で回復のち逮捕されました。

 

徐々に浮かんできた犯人像

事件を起こした張本人。
去年の4月から今年の1月にかけ20以上の問題を申し立てられており、
事件を起こす約1週間前の1月14日に保釈されたばかりでした。

前日の1月21日には、彼の住むSt Kilda地区のバーにてオーナーが異変を感じ、
入店を断っています。オーナーは[彼は威張り屋で傲慢だった]と語っています。
参考: Melbourne CBD horror: Driver seen at Dogs Bar before Bourke Street attack

 

高まる警察への批判

犯人の逮捕暦や精神状態を踏まえ、事件は防げなかったのかという疑問も出ています。

当日の朝、兄を刺した場所から事件の起きたCBDまでは10Km以上離れています。

警察はその10km間、既に犯人が車で逃亡していることを知っていました。

実は以前、別の事件で犯人を追った警察車両が人をはねてしまい、
その以降は警察がカーチェイスをすることは禁じられるようになったようです。

 

 数日後、街では追悼集会も

事件直後は街中が警察によって封鎖され、交通網が途絶えました。
至る所に警察がおり、異様な雰囲気が伝わってきます。

事件の起きた通りの広場にはたくさんのお花やぬいぐるみ、メッセージが集まり、
23日にはフリンダース駅前の広場で追悼集会も行われました。

 

まとめ

同じ海外に在住している身として日本人の方のことを考えると、
とても心が痛みます。

世界一住みやすい街に選ばれているメルボルン。
今回このような事件が起きてしまい、残念でなりません。

お亡くなりになった方には、
心からご冥福をお祈り致します。

 

参考WEBサイト
news.com.au

The age