雑貨屋店員が教えるオーストラリア人に本当に喜ばれる日本のお土産6選


Notice: Undefined offset: 2 in /home/users/2/main.jp-378578dcbd9d8867/web/wp-content/themes/hummingbird_custom/functions.php on line 66

これから海外に留学、ホームステイを考えている方、

お土産に何を買うか悩んでる方も多いのではないでしょうか?

 

海外の雑貨屋(日本の商品を扱う)さんで売れてるもの、

売れてないものを多く目にして来た経験から、

本当に喜ばれるお土産をご紹介します。

これで間違いない!本当に喜ばれるお土産6選

まずは王道から…

1. お菓子

オーストラリアのアジアンマーケットにも売っていますが、

日本のお菓子はとても高い(日本の3~4倍)ため、あまり頻繁には食べられません。

 

それでも知ってる人は多いので、喜ばれること間違いなし!

ポッキーやヤンヤンつけボーはよく見かけます。

普通の味は海外でも売っている可能性が高いので、抹茶味や期間限定味で差別化を図りましょう!

ここに注意!

キットカットは普通の大手スーパーに売っているのでレア感はないかも。

 

 

2. お酒

お酒は根強く人気ですね。

若者はアサヒビール、少し年配の方はSAKEの愛称で日本酒が人気です。

日本のウイスキーもこちらでは高くてあまり飲まれないので、

知ってる人にはとても喜ばれます。

 

頻繁に日本のビールの看板を見ますし、日本出身だというと日本のお酒について話し始められたことも何度もあります。

3. 伝統食器

食器は人気ですね。

良いものはどこの国のものでも手に取ればわかるようです。

私がオススメなのは伝統×モダンなもの。

見た目が”いかにも日本”のものでも盛り上がると思いますが、日常で本当に使ってもらうと考えると最近のデザインのものが人気です。

おしゃれな上に実は有田焼だったり、話のネタにもなると思います。

 

下のKIHARAのデザインは、メルボルンのデザイナーともコラボレーションしているものもあり、時々オーストラリアの雑貨屋さんでも目にします。

コーヒー文化の根強いオーストラリアでは、クリーマーをエスプレッソカップにしてコーヒーを飲むのに使っています。

ここに注意!

一般的にお土産に使われるお箸ですが、使える方と使えない方がいます。オーストラリアは使える方が多いですが、その点は考慮しておきましょう。また、熱いお茶を湯呑みで飲むという習慣もないので、コップを選ぶときは取っ手付きのものを選ぶのがベターかも。

 

 

4. 文房具

日本の文房具の質がいい!

と気づいているオーストラリア人はあまりいませんが、キャッチーなものが好きなのは間違いありません。

機能性よりも見た目重視でいきましょう。

 

LOFTなんか行くと面白い文房具がたくさんありますよね。

海外で日本ほどKawaii文房具は見たことがないので、盛り上がりは保証できます。

ここに注意!

日本ぽい雑貨の王道、折り紙ですが、ホームステイ先がお年寄りだったため、

[できない]と言って試してすらもらえなかった経験があります。

細かい作業が面倒だと感じる方も多いのかな。お子さんや若い方のいらっしゃる場合のみ推奨です!

 

 

5. 風呂敷/手ぬぐい

いかにも日本といった富嶽三十六景や東海道五十三次は王道ですね。

また、コミカルな猫飼好五十三疋も老若男女問わず人気です。

風呂敷や手ぬぐいは、絵の意味を説明してあげるとより思い出深いものになるでしょう。

 

渡すときはただ渡すのではなく、他のプレゼントをあらかじめおしゃれに包んで渡すとすごく喜ばれます。

風呂敷や手ぬぐいの使い方を紹介した方が良いようです。

6. お香

お香をたく習慣はないようですが、瞑想やヨガをする人は多くいます。

お香にお香たてがセットになっているものを選ぶのがポイント。

一般的に使われているキャンドルをお香に変えてみるという提案もできますね。

 

匂いは白檀(sandalwood)、スティックタイプが人気です。

何の匂いなのか、材料に何が使われているか、あたりは聞かれると思うので用意しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?日本の伝統的なものも良いですが、

せっかくなので相手を少し驚かせる要素も取り入れてみたいですね!

 

少しでも参考になれば幸いです。