[世界はそんなに美しいか?]オージーはポジティブな言葉を使いすぎだと思う。

日本人でも誰でも知ってるビューティフォーやラブリーという言葉。

アメリカではそこまで頻繁に聞いた記憶がありません。
どちらかと言うとAmazingとかAwesomeはよく使われてたな〜。

オーストラリア人はどんな時にどんな使い方をするのでしょうか?

ビューティフォー使いすぎ問題


これが普通のBeautiulじゃないんですよ。
綺麗な人とか、美しいものを見たときも使うんですが、今回驚いた場面はこの2つ。

わかりましたか、良いですね、的な意味のビューティフォー

友達とアスレチックに行った時のこと。

器具の使い方や注意点を説明するお姉さんが
[ここをこうしてください、良いですか、わかりましたね、Beautiful~!]

ビューティフォーが突如現れる。

[良いですね]の意味でしょうね。
念を押す感じでもビューティフォーは使われるんですね。

 

ベストショットが決まったときもビューティフォー

オーストラリアでバドミントンをしてるんですが、ベストショットが打てたらみんながビューティフォー!と喜びます。

コートの空いてる場所に打てたりとか、ネットギリギリで入ったりとか、ちょっとクセのある点の取り方をしたときですね。

錦織選手がメルボルンの大会でテニスをしたときなんか、ビューティフォーのオンパレードだったんじゃないかな〜!

 

 

会話が尾を引く(特に田舎)


タスマニアを訪れた時のこと。

おしゃんなカフェでコーヒーを待ってたら隣の席のイケメンに先にコーヒーが届いた。
イケメン[Thank you! Lovely, beautiful, cheers]

めっちゃ褒める。

サービスに対しても、LovelyとかBeautifulを使ってきました。

また、電話してるおっちゃんが電話を切るときも、

[All right! Thank you, mate! Lovely, cheers, see you soon!Bye bye]

めっちゃ喋る。

Cheersは直訳だと乾杯の意味ですが、こうやって去り際にも使えるんですね。

 

ゴージャスな犬


日本語でゴージャスって言ったらちょっとバブリーで、派手なものを想像しますよね?

この間アラスカンマラミュートを飼ってる友人とピクニックに行った際、通りがかる人が犬に向かって

[Wow, he is so gorgeous!!]って言うんです。

犬にゴージャス。

ゴージャスな犬。

なんかイメージと違うけど言われてみれば犬が段々ゴージャスな生き物に見えてくる。

 

まとめ: オージー可愛いよオージー

私が外国人だからイレギュラーな使い方をされると気づくだけなんでしょうか。

とにかくポジティブな言葉っていいですよね。

友達によると、ブリスベンはもっとLovelyが頻繁に使われるようですし、メルボルンはBeautifulをよく耳にします。

皆さんも早速使って見ませんか?

それでは!See you! Lovely, cheers!