オーストラリアでセルフヘアカラーしてみた!カラー剤の選び方を説明します。


Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/users/2/main.jp-378578dcbd9d8867/web/wp-content/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/init.php on line 215

Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/users/2/main.jp-378578dcbd9d8867/web/wp-content/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/recommendations.php on line 264

またまた髪染め記事です!

お金節約のためにまたスーパーのセルフカラー剤買ってきたよ。

初めてセルフヘアカラーをしてみた記事はこちら↓
オーストラリアの薬局で買える髪染めでセルフヘアカラーしてみました!

今回は前回よりもワントーンあげてみました。

それではどうぞ。

 

カラー剤の選び方


前回と同じく、使用したのはL’OREAL PARISのもの。

今回もWool Worthでセールになっていました。

パッケージに書かれている1桁目の数字が明るさを表しています。

1.0は黒、5.0は明るい茶色、6.0は暗いブロンド、7.0はミディアムブロンド、10.0は明るいブロンドです。

さらに、2桁目の数字は色味を表しています。

1が青、2が紫、3がゴールド、4が銅色(10円玉みたいな色)、5が赤褐色、6が赤、7がマット(グリーン系)、8がモカ(茶色系)をさしてるようです。

例えば、前回私が使用した5.3は、ゴールド系の明るい茶色ということになります。

確かに上の写真、6と5.6を見てみると5.6は赤みが強いですね。

アジア人の黒髪は赤み要素を持っている人が多く、2桁目7番のグリーン系を選ぶと、この赤みを打ち消してアッシュ系の色に染まるそうです。

参考外部サイト:アッシュカラーとマットカラーの違いは?おすすめのカラーもご紹介!

 

今回の結果報告


今回使ったのはこれ、6番のもの。前回よりもワントーンあげてみたよ。


写真の一番右側くらいの色になると予想。

ちなみに内容物と使い方は前回と全く一緒なので、こちらをどうぞ!

オーストラリアの薬局で買える髪染めでセルフヘアカラーしてみました!

 

全然劇的じゃないビフォーアフター


↑ビフォー


↑アフター

 

…全然違いがよくわかりませんね。

むしろ暗くなってんじゃないかっていう。

心なしか前回はやはり黄色味が強い印象です。

これから色も落ち着いてくるかもしれません。少し待ってみます。

 

やはり2回目は痛む…

前回よりも指通りが悪くなってしまった…

やはり美容院でカラーするのよりは痛みますね。

1回目はそれほど感じませんでしたが、2回目は気になる。

試してみる方はトリートメントしっかりしてください 😐

オーストラリアのオーガニックブランドAesopのヘアモイスチャー。
オーストラリアだから安いわけではない。笑 日本とほぼ一緒価格。でもやっぱいい。

 

まとめ: 1回くらいなら経験で染めてみてもいいかも

セルフの割に色味がたくさん選べて面白いですよね。

前回同様、染まるのは綺麗に染まります。

そもそも$17.5もするので、しっかり染まってもらわなきゃ困りますよね…。

私は髪量がかなり多い方で、日本ではカラー剤を2箱とか使ってたこともありました。

でもこれは一箱で十分間に合います。ちなみに現在セミロングです。

そこはいいなーって思いますね。

 

以上、2回目のヘアカラー報告でした:)

 

日本ではいつもこれ使ってたよ。