[それでも僕は夢を見る]を笑い飛ばしたい。

水野敬也さんの[それでも僕は夢を見る]を読みました。

鉄拳さんが絵を描いている、15分くらいで読み終わる絵本(に近い)です。

これを仕事の合間の1時間の休憩で、タイ料理を食べながら優雅に読んでいたわけですが…

 

涙腺崩壊。

 

しかけた。踏みとどまった。フゥーーー。

 

鼻をすすり瞬きを鬼のようにしてかろうじて止めた涙ですが、ふといきなり冷める瞬間があったんですよ。

あらすじ

[夢はいつも僕を裏切る]

受験に落ち、好きな人に振り向いてもらえず、仕事で怒られる。

でも、うまくいかない毎日の中で夢はいつもそばにいて、能天気に主人公を励まします。

 

それでも毎日毎日うまくいかず、疲れ果てた主人公はついに夢を捨ててしまい…

続きはこちら

 

何をうっかり共感してるんだ

涙腺崩壊しそうになった理由はただ一つ、

[やばい、こんな人生全然ありうる]

って思ったから。

今のまま、何もできず誰の役にも立てず、色んなことを諦める人生の方が、

新しいことに挑戦して、好きな人が自分を好きになってくれて、やりたい仕事に就くより、

ハードル低いよね。

孤独諦め人生は全然いつでも横にある。

 

同時に湧き上がる疑問

世界中の人がこれを読んだらどう思うんだろう?

アメリカ人の友人もオージーの友人も、これを読んでも絶対に共感なんかしない。

[It’s not gonna happen to me!] って笑い飛ばす姿しか想像できない。

日本人の多くはこの本を読んで感動すると思う。

感動してる場合なのか…?

 

まとめ: それでも僕は夢を見るを笑い飛ばしたい

何この本!

絶対自分はこうはならないわ!

って笑い飛ばせるくらいには、後悔しない人生を送りたい。

読み終わって新しい目標ができました。

[それでも僕は夢を見る] に共感しない人生を送りたい。

 

 

※一瞬で引き込まれる素晴らしい本です。