バッパーの基礎のき!!バッパーってそもそもどんな場所?wifiはあるの?洗濯はできるの?

オーストラリアワーホリで人生初めてのバッパーという方も多いのではないでしょうか。

バッパーとは、[バックパッカー]と呼ばれる安宿のことで、複数人で大部屋をシェアするというものです。

今日はそんなバックパッカーでの過ごし方について少し書いてみます。

 

1. バックパッカーでの過ごし方

宿によりますが、大体が2段ベッドが一部屋に3-4つほどあり、6人~10人が一部屋に泊まっています。

大抵は早い者勝ちで自分の好きなベッドを選ぶという形式ですね。

バッパーに何ヶ月も住んでいる(!)人もいるので、大抵はそうゆう人が一番良いベッドを取ってます…

多くの場合、自分に与えられるのは

・枕 1つ
・掛け布団 1枚
・シーツ 1枚
・バスタオル 1枚

これをカウンターで渡されたり、掃除の方が替えてくれます。

 

1-1. トイレ/ シャワールーム

大抵、トイレとシャワールームは兼用ですね。

バッパーは汚いことも多いので、ビーサン必須です。

海外の人は朝、シャワーを浴びる人も多いのか、意外とシャワー室は夜混みませんでした。

あとみんなドライヤーしないからめっちゃ早い。

 

1-2. wifi環境

無料のwifiをうたっている場所もありますが、特定の場所のみ利用可だったり、時間指定がある場所もあります。

 

部屋でも使えるかどうかは、予約時に要チェックしておきましょう。

 

1-3. ラウンドリー事情

ラウンドリーが付いていないバッパーもありますが、ついてる場所は大抵有料です。

私が宿泊した場所では、洗うのに$5, 乾燥に$3でした…高い…

しかも乾燥機はあまり乾いていない…(結局ベッドのとこに干した)

そんなところも海外クオリティーですね。

 

大抵は洗濯機の横に両替機が付いています。

 

2. バッパーの人間関係

2-1. 挨拶は基本

同じ部屋を複数人でシェアするのであれば、挨拶は基本です。

中には何日間も泊まっている人もいるので、重鎮って感じなんですよね。

今日からよろしくねってことで、自己紹介くらいはしておくと気持ち良いです。

 

2-2. 公共のスペースを活用する

ついつい部屋にこもりたくなりますが、食堂や休憩スペースを利用してみましょう。

いつもそこに居ると、必ず誰かしら話しかけてきます。

何食べてるの?とか何してるの?とか。

顔を売るつもりで部屋から出ると、色んな出会いが待っています。

そこから友達ができるかも知れませんし、公共スペースは積極的に活用してみましょう!

 

2-3. 働いている人と仲良くなる

バックパッカーには泊まり込みで働いている人がいます。

そんな人たちと仲良くなるのも良いですね。

ある意味現地で生きている人たちなので、コミュニティも持っています。

そこから人脈が広がるかも知れません。

顔をあわせる機会が多くなると、いつのまにか仲良くなっていることもあります。

 

まとめ

写真やプロモーションは5割ほど盛ってあります。笑

ちなみに私がメルボルンで泊まったことがあるのは
SPACE HOTELというバッパーです。

バッパーが人生初だったので、せま!!共同生活つら!!
と贅沢を言ってましたが、実際にもっとやばいとこに泊まるのに慣れてくると、かなり綺麗なバッパーでした。

私の友人もここが安い割に一番綺麗だったと言ってました…

屋上に無料のジャクジーがあったのは良かったですね。

 

やってみるまではビビリまくりのバッパー生活ですが、意外といけるもんです。

何事もやってみなきゃわかりませんね。