ワーホリ中に読んでおいて良かった本3選!人生に本気で向き合う時間にしよう!

はじめに

私はワーホリに行った時、目的も自分が何をしたいのかもわかりませんでした。

漠然とした思いだけで前に進んで来たけど、満たされない。

迷走しまくってる中、人生を変えるために、答えを探し求めて本を読みまくりました。

私がワーホリ中に出会えて本当に良かったと思った本をご紹介します。

海外にいる間は電子書籍で日本の本を読んでました:)

 

ワーホリ中に読んでおきたい本3選

思考は現実化する/ ナポレオン・ヒル

一番最初に読んでおきたい自己啓発本です。

この本を読んでおくと、他の自己啓発本を読んでも同じことが書いてあります。

100冊の同じような本を読むよりも、1冊この本を読みましょう。

[自分の人生は全て自分の思った通りになる]

ある意味すごく怖い言葉ですが、人生なんとかしてやろう!って思う人にはオススメです。

今流行りの”引き寄せ”が胡散臭いものではなく、納得できるものになります。

自分の人生がうまくいかなくて、努力しているのに報われない。満たされない。

そんな気持ちになった時に、何度でも戻ってきたい本です。

 

最強の自己分析/ 梅田幸子

最初の本を読んで、思考は現実化するのはわかりました。

でも自分がどこに向かいたいかがわからなかった

なので、徹底的に自分に問いかけることにしました。

この本は自分に合った仕事を見つけることが目的ですが、深く自分を知ることにも役立ちます。

少しづつ霧が晴れていくように、これから自分が進むべき道が見えてくるようになります。

人生の迷子になっている人、これから就活するつもりの人に強くオススメできる一冊です。

 

未来を予約する手帳術/ 青木千草

自分進む未来が見えたら、それを行動に落とし込みましょう。

流行りの手帳術系の本ですが、これは楽しく続けることができます。

ワクワクする心に従いながら、確実に毎日行動させてくれる方法をこの本が教えてくれました。

海外在住でこの本で紹介されている手帳が買えなくても、google calenderで代用できます。

帰国した瞬間の自分は変わってないかも知れない、でも3年後の自分を変える!

そんなつもりで、行動を見直すきっかけになる本です。

 

まとめ

ワーホリって、これからの人生についてしっかり考える機会だと思います。

ワーホリに来たのが正しかったのかもわからないと、悩む時もあるかも知れません。

でもどの本もあなたの心に従う味方になってくれるはずです。

読んで、心を整えて、行動に変えてください♡

それでは!