留学に行きたい人必見!40点→80点まで上げたズルイTOEFL ibt のコツ!参考書も厳選紹介します!

人生で初めてTOEFLを受けた時、あまりのできなさに泣きながらお母さんに電話したsayuです。

TOEICとは比べ物にならないほど時間も長く、難易度も高いTOEFL。

初めて受けた時は40点台でしたが、最終的に80点まで点を伸ばすことができました。

TOEFLって高いんですよね。金銭的にもできるだけ早く突破したい気持ち、わかります…。

今日は絶対に知っておくべき、ズルいコツ・参考書をご紹介します。

 

TOEFL ibt の勉強方法

英語力の底上げは別の記事に書きます。

ここで紹介するのは、私が手っ取り早く点数だけをあげるために使ったコツです。

 

出題分野の基礎知識を身につける

日本語で良いので、英語の勉強と並行して

アメリカの簡単な歴史(独立革命・先住民)、生物学、天文学、植物学、環境問題、情報化社会、地学、…などなど基礎的なことを知っておきましょう。

リーディングは、単語が妙に難しいものになっていて、絶対わからないものも含まれています。

でも基礎知識があると、なんとなく予想をつけられるんです。

もちろん知識を問う問題は出ませんが、見当もつかないと英語が右から左へ流れて行くだけです。

友人は4回受けて3回も60点を突破しなかったのに、一度だけ得意なスポーツの話が出題され、その1回の点数を使って短期留学に行きました。笑

例えばこういう単語集は、各分野の基礎知識ごとにページが構成され、

テーマに関する英単語をまとめてくれています。

ダミー問題を潔く捨てる

TOEFLにはダミー問題と言われる、採点に関係のない問題が含まれています。

つまり解かなくても、点は下がらないというもの。

大体どれかという検討をつけることは可能ですが、[絶対にこれはダミー問題!]と言い切れません。

要はで、大問ひとつ捨てる決断をするわけです…。

確かに怖いけど、あなたの体力と他の問題への準備時間として、賭ける価値はあります。笑

 

具体的なエピソード例を決めておく

スピーキングとライティングで点数を上げるコツは、超個人的なエピソードを盛り込む所にあります。

何故〇〇を選んだのか。という問いには、準備しておいた下記の理由を述べます。

・時間が短縮できる/効率がいい

・値段が安い/ 高い

・健康に良い

・安全である
上記の項目と、それぞれのエピソード(かなり詳細)を事前に決めておきます。

この例を事前に作っておくと、多少の詳細は違っても、スピーキング・ライティングどちらにも使えます。

 

 

実際に使った参考書を厳選一挙公開!

細かくいうとたくさんあるんですが、ここでは厳選!本当に助かったよーってやつだけ紹介します。

まずは100%一番最初に買うべき公式ブック!

特にリーディングは実際のテスト形式にそっくりなので、時間配分の参考になります。

 

単語の勉強は今も昔もこれ。

これはTOEFLだけじゃなくて、英語を勉強する人みんながここから初めて良いくらいの充実度。

点数ごとに単語がまとめられています。

単語がわからなくなったら大体ここに戻ってきます。

 

初心者さんの勉強はこれ

公式のものよりもリスニングの難易度が低いので、40点台だった時はまずここから始めました。

日本のTOEFL参考書にも色々と手を出しましたが、中には本当にお金の無駄だったというものもありました。

TOEFL初心者で自信もない、よくわからないって人は、これがオススメ。

 

個人的に手放せない一冊

これ、紹介されてるブログあまりないんですが、個人的には手放せない一冊です。

TOEFLのライティング事例が載ってるんですが、使える文章とか表現が満載なんです。

これはいいなと思ったエピソード例とか、暗記してそのまま使ってました。

おかげで?合計60点しか取れなかった時も Writingだけは20点ありました笑

 

最後に

今日は手っ取り早く点数を上げる邪道な方法を紹介しましたが、TOEFLはTOEICとは違い、英語力が問われます。

TOEFLで必死になって勉強すると、留学してからめちゃくちゃ助かります。

特にリスニングとライティングは、TOEFLで培われました。

留学してからだと、課題の量が多くて英語の基礎的な勉強や、レポートの構成を一から勉強する暇はないと思います。

TOEFLは本当に良い練習になります。

まずは合格することが前提ですが…その先に本番があると思います。

今の勉強はきっとその後もあなたを支えてくれるからね:)))